夢に向かって頑張る皆さんを応援します – 大阪校舎 鵜飼 先生

2017/03/15

ARC Academyの名前はアーチ(架け橋)からつけたのだそうです。


私は、将来、日本との「架け橋」になるであろう皆さんの教育に関われる現在の仕事を誇りに思っています。それに日本にいながらこれだけいろいろな国の人と出会えて、話ができる仕事って他にはなかなかないのではないかと思います。


私は主に海外からの問い合わせや入学申込を受けたりする募集と、在校生をサポートする仕事をしています。学校を案内する際、学習理由や目的をよくきいて、なるべくシンプルにありのままの情報をお伝えするようにしています。学習計画で実現が難しいと思えば、問題点を指摘して計画の見直しをお願いしますし、 資金の問題などで学習と生活がとても無理だろうと判断すれば申込み自体をお断りすることもあります。日本に来て中途半端に帰国することになったり、「こんなはずじゃなかった・・」と後悔することになれば、 貴重なお金と時間が無駄になりますから。 何よりも大事なのは、本人の意思です。しっかりと準備をした上で、必ず目標を達するという強い気持ちをもった人に来て欲しいと考えています。


近年、留学生の数は増加傾向にありますが、日本は、まだまだ留学生にとって生活がしやすい環境とはいえません。銀行口座を開くのも、アパートや携帯電話の契約など、何をするのも手続きが複雑です。文化や習慣の違い、言語の問題から一人ではなかなか解決できないことも多くあります。ほとんどの学生は親も親戚もいませんから、学校のスタッフが頼りです。 そういう意味でも、勉強だけでなく生活へのサポートは私たちの大事な仕事です。 年々変化する学生のニーズを察知し、サポートの幅をひろげていけるようにまわりのスタッフと日々取り組んでいます。


地域性もあるかもしれませんが、大阪校では、学生と先生やスタッフ、また学生同士で気軽に話をしています。友達同士で励まし合えたり、自分を応援、サポートしてくれる人がいる環境があれば、たいていの困難は克服できると思います。私たちも今以上にコミュニケーションが増えるよう、明るい雰囲気の学校になるように努めていきたいです。夢や目標に向かって頑張る皆さんを応援します。