快適な日本生活。でもご近所づきあいが – 飯田橋校舎 朴 先生 

2017/03/15

日本人にとって当たり前のことでも、日本で暮らす外国人にとっては難しいルールや知識が多いんです。例えば、日本では、燃えるゴミと燃えないゴミをきちんと分別して捨てなければならないんですが、燃えるゴミと燃えないゴミで、それぞれ捨てていい曜日が決まっています。あるいは、小さな家具や日用品など、買いたいものがあっても、どこへ買いに行ったらいいのか、地元の人でなければすぐには分からないものです。遊びに行きたいときでも、観光ガイドには、いわゆる観光地しか載っていない・・・。そんな日本に来たばかりの生徒さんが日本で暮らしやすいよう、「学習者の母国語を話せるスタッフ」としていろいろサポートしています。


私自身、韓国から日本にやってきて、日本語を勉強していました。もともと、日本の専門学校に行って、帰国して・・・という漠然とした進路を考えていたのですが、日本で学び、日本で暮らすうちに、ずっと日本で暮らしていきたいな、と思うようになったんです。もちろん、生活の快適さだけで日本での仕事を選んだわけではないんですが、やはり「生活の快適さ」は、日本に来た学習者が皆、口を揃えて言うぐらい凄いものなんです。


その生活の快適さは、日本の社会がしっかりしているから実現しているんだと思います。それを支えているのが、さきほどお話ししたゴミ出しにはじまる生活のルールや様々な知識。都会化され、近所づきあいが極端に少なくなった日本だからこそ、親戚やご近所にかわって、私たちスタッフが学習者をサポートしていかなきゃな、と感じています。留学VISAの2年間は、長いようでとても短い期間です。その間に勉強と、将来設計に集中してもらうためには、快適な生活が欠かせませんから。